mormor

Home > サービス > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

一度東京でベビーシッターを利用したらその便利さにちょくちょく利用をするようになりました。 以前まではママ友にお願いをしたりしていましたが、やはりどこか気が引ける部分があり、どうしても外せない用事の時以外にはお願いしづらかったからです。 ママ友との関係を円満にするために子供をたびたび預けることは出来ませんが、ベビーシッターの場合はお金を支払っている分、気兼ねなくお願いをする事が出来ます。 私が利用しているベビーシッターの便利なところは、メールによって連絡が出来るところです。 電話などでの連絡でもいいのですが、話している時にメモを残しながら会話をする事になりますし、メモを残していても漏れがある事もあります。 その点メールであれば、記録としてしっかり残すことが出来るので、どういう約束になっているかも見返すことが出来るので、とても便利に利用できています。 利用料金も明確に提示してありますので料金でもめる事もありませんし、二時間という短い時間からできるので、ちょっとした幼児の時でも利用しやすいです。 今までは美容院に行く事も出来ませんでしたが、子供を預けられる事によって、自分自身に時間をかけられるようになりきれいなママでいられています。