コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > スクール > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

対人関係について考える機会も多くありますが、円滑なコミュニケーション能力とはどのようなものなのかふと考えさせられる事も少なくありません。人によって考え方は異なりますが、もっと上手く話をしたり、何事もなく過ごせるように場の雰囲気を配りたいと思うのは自然な事です。余程の事がない限り、人生においてコミュニケーション能力は低いよりも高い方が印象も良くなりますので、ある程度は自分でも上手く考えて使えるようになっておいた方が良いです。自分が上手に話すというのもその一つですが、聞くことも同じくらい大事な能力となります。自分に置き換えて考えてみると分かりますが、おざなりに話を聞かれるよりも、自分と向き合って真摯に語り合う方が印象は良くなるのは納得できる所ではないでしょうか。話も単に聞くだけでなく、途中で相槌を打ったりして共感が得られるようにするというのも大事です。生まれ持った能力と考えてしまうと、苦手に感じてしまう方がどんどん億劫に感じてしまうこととなりますので、難しく考えるのではなくて、読み書きと同じように訓練して会得できるスキルと思って学んでいく方がとっつきやすくなります。伝える時には分かりやすくそれでいて論理的に、簡潔にと工夫をすることになりますが、最初から実践すると難しいので文章を組み立てながら他の人の話し方を参考にしてみるのも分かりやすいです。コミュニケーション能力が高い人がどんな動作をしているのか、失礼にならないように言葉遣いや仕草を探っていくようにするといいでしょう。参考にした部分を少しずつ自分の会話に取り入れて、相手の反応を見ていきます。焦っても良い事はありませんから、緊張しすぎないようにしながら徐々にコミュニケーションを変えていってみて下さい。自分で状況を把握して意識すればより変化をしていくことができるようになるので、難しいと思い込まずに自分自身の力を伸ばしていきましょう。